大型バイクのカスタム事情と総排気量について

ハーレー

大型バイクは加速性能が高く安定感もあるためバイク好きに好まれる傾向にありますが、カスタムパーツが多いことからカスタマイズして乗りたい方にも好まれています。実際にはカスタマイズしなくても十分に楽しむことができる大型バイクも存在していますが、多くの場合はカスタムパーツを要します。

総排気量に関しては機種によって差があり、ギリギリ900㏄台のタイプもあれば1000㏄を超えているタイプもあります。中には500㏄台のタイプもあり、総排気量を気にして選ぶ時も選びやすいラインナップとなっています。車体のデザインもさまざまで、カスタマイズする予定がない場合もカスタマイズを行いたいと考えている場合も好みに合わせて選ぶことができます。

大型のバイクはバイクで遠出をする方が選ぶこともありますが、カスタマイズしたい理由で選ぶ方もいて、大型バイク好きと言っても好みと感じる思いは人それぞれでしょう。基本的に㏄が多いため大型バイクの免許が必要になりますが、車と同等の良さがあります。

自分好みにカスタマイズするのも良し、製品の姿そのままで大切にすることも良しです。不動の人気を誇る機種もありますが、自分のニーズに適した機種及びタイプを選びましょう。

ハーレーのカスタムとツーリングならこちらへ

大型バイクにカスタムを施すならネイキッドバイク

ハーレーダビッドソン

大型バイクを購入してカスタムを施したいのであれば、ネイキッドバイクが良いでしょう。ネイキッドとは直訳すると裸、という意味があり、サーキットを走行しているようなスーパースポーツのようにフルカウルではなく、エンジンなどがむき出しの状態の車両のことです。

大型バイクでも中型バイクでもバイクの免許を取る際、教習車は大抵ネイキッドバイクを利用します。運転しやすいライディングポジションで取り回しも良く初心者が乗るには適した車両です。ですが、ネイキッドが人気の理由はそれだけではありません。カスタムパーツも豊富に出品されているのも人気の理由の一つです。

大型バイクを手に入れたからにはカスタマイズして自分だけのマシンを作りたいもの。そういったライダーには個性的なパーツはとても重要なアイテムです。ネイキッドはこういったカスタムパーツも豊富なため、世界に一台だけの自分のマシンを作りやすいこともあり需要が途絶えることはありません。

また、スーパースポーツ譲りの高性能のエンジンを搭載しているモデルも多いため、素人はもちろん、ベテランのライダーも乗り飽きることがなく、十分にライディングを楽しむことができるのも人気の理由でもあるのです。

大型バイクをカフェレーサー風にカスタムする

エアクリーナー

カフェレーサーとはバイクの改造に関する1つの思想です。1950年代後半から1960年代前半にかけてイギリスでロックンロールの影響を受けた若者が、単気筒エンジンを積んだバイクに乗って集団を形成しました。

当時のイギリスのバイクに乗った若者たちによるライフスタイルをロッカーズと呼びます。ロッカーズはカフェなどに集まりバイクで競争を行ったことから、彼らのバイクスタイルがカフェレーサーと呼ばれるようになり現在でも人気があります。

大型バイクには様々な種類のものが存在しますが、排気量が大きくパワーとスピードに優れているという点では共通しています。しかしバイクの楽しみ方はパワーやスピードの追求だけではありません。様々なスタイルにカスタムしたり、その乗り味を楽しむのもバイクの醍醐味です。スーパースポーツと呼ばれるタイプの大型バイクはエンジンのパワーが150馬力を超え、最高時速が時速300kmという常識外れな能力を有しています。

その能力を完全に発揮するには公道ではなくサーキットへ行く必要があります。速いバイクは多くのバイク乗りにとって憧れの存在です。一方あえて速さ以外のカスタムスタイルや乗り味などを楽しむという付き合い方も存在します。